オーディオ・ベースマン見たり聴いたり サエクの仮想アースや中古品など・・お宝があったりして。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり サエクの仮想アースや中古品など・・お宝があったりして。

アイキャッチ画像。サエクの仮想アースSGS-042。定価198.000円。お客様の希望で試聴用に取り寄せ。店主とお客様、僕と三人でごく短時間、試聴。接続した機器はプリアンプC-3900。RCA端子の空きに接続。接続には、ゾノトーンのアースケーブル接続用プレミアムRCAキャップ端子(5.000円ほど)を使用。アキュフェーズの新製品・パワーアンプ・A-300に関するお知らせです。12月25日(日)に、「あらえびす記念館」のウエストミンスター・ロイヤルにA-300を接続、ロイヤルを鳴らします。A-300は、年末から来年の1月8、9日あたりまで、ベースマンで試聴できる予定です。おそらく、新型AB級アンプE-4000も試聴可能でしょう。詳しくは、ベースマンにお問合せを。

後ろのシーメンスのスピーカーを鳴らすためだけに作られたという真空管アンプ。音質の報告を楽しみに待たれよ。

接続なしで3分、接続して3分ほど女性ボーカルを三人で聴いた。「ボーカルが濃い、音が前に出てくる」と試聴を希望したお客様。続けて「私は、女性ボーカルが好きだから…。これはいい。」。店主は、「音が綺麗(きれい)になる」と。接続すると、くもり、くすみが消え、スッキリとした音場空間が現れる。聴感上のSN比が向上し、接続前は、ぼやけていた音がクッキリと変化。音の歪みも取れ、輪郭がシャープに洗練される。曖昧(あいまい)だった音が明確明瞭になる。結果、音が前に出てくるように聴こえたのかもしれない。これまでに聴いた仮想アースの中では一番効果がある印象。仮想アースをつなぐと、解像度、SN比の改善が見られるが、伸びやかさに欠ける一面があるような気がしていた。滲(にじ)みない高域、濃く痩せない中間帯域、引き締まってハッキリ聴こえる低域表現。SGS-042を接続して出てくる音に不自然さ感じない。もっと試聴時間が必要だ。

お客様は、`喜々‘として帰宅の途につかれました。

中古品。GOLDMUND MIMESIS 27.3ME PREAMPLIFIER。ゴールドムントのプリメインアンプ。そのうち、音質をご報告します。