オーディオ・ベースマン見たり聴いたり クリプシュのコーンウォールⅣ・・甘く評価しなくてもいいじゃん!。

  • 2024.05.11

クリプシュ(Klipsch)のコーンウォール(CORNWALL) Ⅳ。一台70万円ほど。その良さを褒めたたえるベーシストの店主。「ベーシストにクリプシュとB&W、どちら(の再生音)を取るか?と訊いたら、10人(に訊)いたら10人とも […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり お客様ご自宅試聴編・・ログハウスのご自宅 その②

  • 2024.05.08

ソナスファベールのアマトールⅢに使うアンプのための試聴。絶好の機会(なんの機会だろう?)を逃さない店主。メインシステムにもアキュフェーズ製品を接続してその音を聴いて頂いた。五種類の重い機器を `えっちらおっちら´ 運び込み奮戦。音質の評価は […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり お客様ご自宅試聴編・・ログハウスのご自宅 その①。  

  • 2024.05.07

「部屋の空気が違う」。入室した瞬間から人口的な匂い、雰囲気を感じない自然さ。隙間に充填剤を使用しない丸太組構法(注)で組まれたログハウス。木漏れ日の差し込む森林。静謐のオーディオルーム。プリアンプも兼ね備えたDEVIALET (デビアレ)の […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アナログ録音 VS デジタル録音・・それぞれの長所、短所を踏まえながら聴きたい、楽しみたい。

  • 2024.05.01

「私、この店を創(はじ)めるまでは、レコード(アナログ録音)よりCD(デジタル録音)の方が音が良いと思ってましたよ」と店主。そもそもアナログ録音とデジタル録音はどのようなものだろうか?。その長所、短所はどこにあるのだろうか?。今の流行りの言 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ・アンプ群・・低音に磨きをかけてきた。

  • 2024.04.20

アキュフェーズ・A級プリメインアンプE-700を中心とした試聴会。製品説明をされたのは同社営業の鬼頭 伸明(きとう のぶあき)さん。山形交響楽団でトランペットを担当、十年ほど在籍した後、家庭の事情で帰京、アキュフェーズに入社したとの事。もち […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ワルツ・フォー・デビイ・・懲りずに四種のCDを聴き比べ。

  • 2024.04.10

ビル・エヴァンス・トリオの「ワルツ・フォー・デビイ」。「また、これ?。飽きずに良く聴くね、と言われそう」と苦笑いしながら店主。店にあるCD四種を比較試聴。その内訳は、初めてCD化されたときのVDJ-1536(アイキャッチ画像左)、レコードO […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり オルトフォンの昇圧トランス ST-70・・そう、アキュフェーズ・C-47に`魂‘が入ります。

  • 2024.03.26

オルトフォン・昇圧トランス ST-70.。23万円ほど。店主。「これまで昇圧トランス、いいイメージはありませんでした。(昇圧トランスを繋ぐと)甘く、柔らかい音、マイルドになるだけ(というのが私の評価でした)。でも、ST-70を聴いたら、即、 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ試聴会のお知らせ・・E-700も試聴できます。

  • 2024.03.26

ベースマン恒例の春のアキュフェーズ試聴会。桜の開花と同様に今年はちょっと、早めの4月13日(土)、14日(日)に行います。「今回はセカンドモデルを中心とした試聴になります」と店主。 試聴できるモデルは以下の通り。A級プリメインアンプ・新製品 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり レコード・ターンテーブル・・インサイドフォースキャンセラーの影響とは? その②・・負荷により印象が変わる。

  • 2024.03.21

パイオニア・エクスクルーシブP3。EMTの不具合の件の後、自宅に帰り、P3にもインサイドフォースキャンセラー(アンチスケーティング)が付いているだろうと思い確認してみた。おそらくアイキャッチ画像の真ん中のつまみがそれ。目盛り1.5の位置にあ […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり レコード・ターンテーブル・・インサイドフォースキャンセラーの影響とは? その①・・事の発端はEMT。

  • 2024.03.21

EMT 930st。やっと入荷されたEMTの縦十字のピン配置のカートリッジ・TSD MRBを装着。喜々として音出し。ところが、レコードに針を落とすと音が歪む、こもる、曇るといった再生音が…。あれ~どうしちゃったの?。 その原因とは如何なるも […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 猫の魔法で音楽(CD)を聴く・・TOWER RECORDS ウィーン八重奏団のモーツァルト・ディヴェルティメント集。(健康・性格?・オナラ)

  • 2024.03.17

シンガプーラ種の猫。ティンク。お膝の上で喉を撫でられ、「ゴロゴロ」と喉を鳴らし、いい気持ち。僕もゆったりと音楽を聴いて、いい気持ち。しかも、大好きなモッ君(モーツァルト)を聴いていて、いい気持ち。「あれ?、変な匂いがする」。 ウィーン八重奏 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 猫の魔法で音楽(CD)を聴く・・フランス・ブリュッヘンさんの「3つのリコーダーのための作品集」(健康・ハゲ)

  • 2024.03.15

シンガプーラ種の猫。ティンク。アイキャッチ画像は、「遊び疲れ、穢れの知らない子供のように寝ている」。しかし、その寝姿からは想像できない性格、「小さな暴れん坊」。朝六時から食事の催促が多すぎて(うるさすぎて)同居している者としては、ほとほと困 […]

酒徒礼讃 日本酒 埼玉県・上尾市のBunraku Rebornと蓮田市のSWEET SQUASH・・都会の酒だが侮れません。「The cancer その①」。

  • 2024.02.22

日本酒の酒造りのイメージ、ーー粉雪舞う雪深き谷間の集落。集落の中央には白壁の土蔵を配した大屋敷が一軒。太い木造の梁、柱、漆喰の壁の土蔵。分厚い白壁の中に直径10尺、高さ12尺、幾重にも編みこまれた竹の輪で占め込まれた巨大な木樽が整然と立ち並 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-4000、E-650・・パワーアンプとして使うと…。試聴実施その③・・プリアンプ・2120を繋ぐと。

  • 2024.02.19

アキュフェーズ・プリアンプ・C-2120。中古品。AB級のプリメインアンプ・E-4000とA級のプリメインアンプ・E-650に繋ぐとどのように音質が変わるのだろうか?。評価はE-4000、E-650の音を③として。試聴CDは、キース・ジャレ […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-4000、E-650・・パワーアンプとして使うと…。試聴実施その②・・E-650。付記、アキュフェーズ・E-700に期待するもの。

  • 2024.02.17

A級アンプ・E-650。コントロールアンプ・C-2300を繋ぐとどのように音質が変わるのだろうか?。評価はE-650の音を③として。試聴CDは、キース・ジャレットさんの「The Melody At Night With You」のトラック⑤ […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-4000、E-650・・パワーアンプとして使うと…。試聴実施その①・・E-4000。

  • 2024.02.17

アキュフェーズのプリメインアンプ2機種。AB級アンプ・E-4000とA級アンプ・E-650。コントロールアンプ・C-2300を繋ぐとどのように音質が変わるのだろうか?。評価はE-4000の音を③として。試聴CDは、キース・ジャレットさんの「 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり レコードスタビライザー・二機種・・装着するかどうかは好みの問題。

  • 2024.02.12

トーレンス(THORENS)のレコードスタビライザーとサエク(SAEC)のレコードスタビライザー・SRS-9。いわゆる、音質の向上を目指すオーディオ・アクセサリーというもの。「音が良くなる」といった曖昧な評価でなくその利点と欠点はどのような […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり クリプシュのフォルテ・・オーケストラの総奏に酔え!(注1)。

  • 2024.02.04

クリプシュ(Klipsch)のフォルテ(Forte Ⅳ)。一台55万円ほど。フォルテ、聴き手に「動と静」を感じさせるスピーカー(SP)。「動」とはSPが一音目を放った瞬間の起動力。「静」とは演奏が終わった後の静かな感動の余韻に浸れる静けさ。 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-4000、E-650・・パワーアンプとして使うと…。

  • 2024.02.03

アキュフェーズのプリメインアンプ・AB級アンプ・E-4000とA級アンプ・E-650。そのパワー部をパワーアンプとして使い、プリアンプ・C-2300をプリとして繋ぐと、どのような効果、音質が得られるのだろうか?。店主の思惑はそこにあった。「 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり パイオニア・エクスクルーシブ P3 その②・・やはり不沈艦。そして、ネコもレコードも愛する方の必需品!?。

  • 2024.01.22

パイオニア・エクスクルーシブP3。廃盤モデル。販売当時価格60万ほど(1981年頃)。5mm厚スモークド強化ガラス。ブラジリアンローズウッドの筐体(きょうたい)。総重量45㌔の堂々たる巨躯。レコード再生中、体重2.5㌔ほどのネコが飛び乗って […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRV-A300SE その⑦・・VS アキュフェーズ・A-80、最後の戦(いくさ)になりました。

  • 2024.01.09

トライオード・TRV-A300SE(廃盤モデル)。2013年当時価格22万円。装備改変で、プスバン(PSVANE WE300B)搭載。「(300SEの音質は)音が丸く、滑らか。でも、ダンピングファクターが良くなく、(音の)強弱が良くない」と […]

1 21