オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ・E-600やトライオード・TRX-1など中古品。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ・E-600やトライオード・TRX-1など中古品。

アキュフェーズA級プリメインアンプ・E-600。トライオード・プリメインアンプ・TRX-1(定価24万ほど)、タンノイのスピーカー(SP)・スターリング。いずれも、中古品。価格はお問合せ下さい。ベースマンにて販売の商品は、基本、「お客様、ご自身が、ご来店、ご自身でしっかり音質等を確認の上、納得された物を販売したい」という店主の確固たる方針に基づき販売しています。

かなり古い型だそうです。音出しはまだおこなっておりません。

アキュフェーズ・E-600。僕、以前、E-650との比較の記事で酷評した。「どうですか?。E-600は?」と店主に訊ねると「柔らかく、繊細で、強引な所がない。いいアンプです。おススメします」との事。「トライオードは、どの機種でも大体、良い音がしますけど?」「ええ、これもいいと思います。トーンコントロールが付いてます」。僕、ベースマンで初めて購入したアンプは、トライオードの真空管アンプ。真空管に憧れがあったからね。前の店でデノンやマランツと一日かけて、比較購入。初めは、知名度や雑誌の評判のいい、デノン、マランツ。これを集中的に聴いた。トライオードは知らなかったけど、「ちょっと、真空管に憧れもあるし、聴いてみよう」と軽いノリで付け足しのように試聴最後の10分間ほど鳴らして、あっさり、「はい、トライオードにします」と結論。ついでにCDプレイヤーもトライオードに。これが、オーディオの「沼」なのか「山」なのか、判りませんが、のめり込むきっかけになった。その時に購入したプリメインアンプ・TRV-A300SEは、いまだに愛機だ。CDプレイヤー・TRV-CD4SEにいたっては、アキュフェーズ・DP/DC-1000と戦って生き残った`強者(つわもの)’だ。

今、聴いたらいい音なのかなぁ?。発売時定価68万円。確か、E-600を買おうとしたけど、C-290VとA-50Vが中古で入ったので、セパレートシステムに思い切って舵を切った記憶がある!。当時は、600に10万ほど足すと買えた!。